立佞武多の歴史


起源から復活までの軌跡

 青森県を代表する夏の祭り「ねぷた」は、古くは中国から伝わった「中元」の行事が起源といわれ、400年以上もの間、津軽地方を中心に受け継がれて来た火祭りです。その一角をなす五所川原市のねぷたは、現在「たちねぷた」と呼ばれています。この巨大ねぷたが、五所川原の記録に登場するのは、明治40年頃といわれています。
 当時、県内にその名を轟かせた「布嘉」などの豪商、大地主の力と象徴として、巨大ねぷたは高さを誇るようになり、約10~12間(約18~21.6m)に及ぶようになりました。その勇姿は、近隣の町村からも見えたと言われるほど巨大なものでした。この頃のねぷたの題材は、中国の三国志や日本の歌舞伎などの歴史上の人物が多かったと言われています。
 しかし、大正時代になり電気が普及し、ねぷたは小型化の一途をた どりました。また、戦後に起きた2度の大火で街が全焼したことにより、設計図や写真が消失し、巨大ねぷたは姿を消しました。
 ところが、1993年に当時の設計図と写真が発見され、翌1994年に  は市民劇団「橇の音」により高さ7mのねぷたが復元されました。その後1996年に市民有志により「たちねぷた復元の会」が結成され、1998年、80年ぶりに「五所川原たちねぷた」が復活をなしとげました。

若武者 1994年に「劇団 橇の音(団長岩谷勇幸)」によって復活した高さ7mの「若武者」
武者 1996年に「たちねぷた復元の会(会長平山誠敏)」によって河川敷にて80年ぶりに復活した「武者」